Top > 学資保険の加入年数

学資保険の加入年数

学資保険は、子供の教育資金をためるためには、大変ありがたいものです。教育資金をこの学資保険によらず、自分の意思だけで貯めていこうとするのは、なかなか難しいものです。その点、学資保険は、その目的が教育資金ということなので、途中で解約することなく、ほとんど計画通りに貯めることが出来ます。
その上、子供あるいは保険契約者に万が一のことがあっても、安心してお金を受け取ることが出来る保証がありますので、安心できる教育資金作りの手段といえるでしょう。
学資保険の加入はいつごろから出来るのでしょうか。結論から言いますと、それは0歳から加入可能となってきます。また、逆に、0歳でなくても加入することも出来ます。つまり、いつからでも加入が出来るというわけです。
しかし、気をつけたいのは、子供の年齢が上がるにつれて、その分加入年数が減ってしまうことになるので、月々の掛け金は高くなってしまうということです。
学資保険には、デメリットがあります。それは、このように加入年数によって左右されてくる問題です。加入年数が少ないと、月々の保険料が高くなるだけでなく、元本割れあるいは低金利しかつかないといった事態が生じてきてしまうことがあるのです。
しかし、学資保険を簡単に考えて加入してしまっても、途中で解約することになってしまっては何もなりません。加入年数を長くしようとあせって加入することのないように注意しましょう。

 

 新作浴衣1  新作浴衣2  新作浴衣3  新作浴衣4
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
学資保険とは(2009年6月 5日)
学資保険と育英年金(2009年6月 5日)
学資保険と教育ローン(2009年6月 5日)
学資保険の加入年数(2009年6月 5日)
学資保険の加入方法(2009年6月 5日)