Top > 学資保険と教育ローン

学資保険と教育ローン

学資保険は子供の教育資金として利用されます。この教育資金は具体的にどのくらい必要となってくるのでしょうか。
幼稚園から始まり大学までを仮にすべて公立に通った場合にかかる教育費用の総額は、大学を自宅から通った場合でも約1100万、下宿した場合は約1400万円かかります。
また、すべてを私立で、自宅通学の場合は約2100万、下宿の場合では約2500万必要になります。
もし、高校卒業後に私立医歯系へ進み6年間下宿した場合には、実に4800万もかかります。
教育資金を学資保険だけで補うことができればよいのですが、残念ながらそうもいかない場合が多くなっています。学資保険以外に教育資金を作る方法に教育ローンがあります。
教育ローンには、国の教育ローンと金融機関の教育ローンがあります。教育ローンの代表的なものには、国民生活公庫の教育一般貸付などの国の教育ローンは、保証人または保証料が必要になってきます。
これに対し、銀行の教育ローンの中には、無担保・無保証のものもあります。国民生活金融公庫の教育一般貸付は、今までは世帯の年間収入額に応じた融資額でしたが、平成20年10月以降は子供の人数に応じた額になりましたので、注意しましょう。
このように、子供の教育資金のためには学資保険と教育ローンを上手に利用し、お金のために進学を断念することなどないようにしましょう。

 

 着物の着付け  浴衣の着付け  男性の着付け  ヴィトンの長財布
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
学資保険とは(2009年6月 5日)
学資保険と育英年金(2009年6月 5日)
学資保険と教育ローン(2009年6月 5日)
学資保険の加入年数(2009年6月 5日)
学資保険の加入方法(2009年6月 5日)