Top > 学資保険と育英年金

学資保険と育英年金

学資保険を検討していく際に育英年金という言葉を耳にすることがあるでしょう。この育英年金とは一体どういうものなのでしょうか。
学資保険の保障の一つである育英年金とは、契約者である保護者に万が一のことが起こった場合、満期を迎えるまで毎年支払われるといった保障です。
学資保険に加入する側からすると、万が一の時も安心だからと思い、育英年金は魅力いっぱいのように思えます。しかし、実は一概に良い点ばかりではありません。
それは、育英年金を受け取ることになった場合に、税金が生じてくることを知っておくことが大切になってきます。
学資保険に加入し、育英年金を受け取ることになった場合を考えてみましょう。この育英年金を受け取ることができるのは子供です。そして、子供が受け取ったその育英年金は、子供の所得として取り扱われることになります。この所得は課税所得であるため、当然ながら子供に所得税や住民税が課されてきてしまうのです。
また、育英年金の受取で気をつけなければならない点は、子供に所得があるために、その金額によっては扶養を外れてしまう可能性も出てきてしまうことです。それは、税金面で問題になるだけではなく、中には母子家庭として取り扱われなく可能性も自治体によっては出てくることがあります。
このように、育英年金については良い点ばかりではありませんので、良く考える必要があるでしょう。

 

 モンスターペアレント  クラッシャー上司  いとしのやかた  上地雄輔
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
学資保険とは(2009年6月 5日)
学資保険と育英年金(2009年6月 5日)
学資保険と教育ローン(2009年6月 5日)
学資保険の加入年数(2009年6月 5日)
学資保険の加入方法(2009年6月 5日)